夏も保湿が大切!紫外線と毛穴のケアにたっぷり水分補給

6168665114e310818015e0615ce4081e_s

夏に意識しているのは、日焼け止めと日焼け後のケアです。

そしてたっぷりの水分補給と保湿です。

冬は目に見えて乾燥するので、しっかり保湿について考えますが、夏にも冬同様か、それ以上の保湿と水分補給を心がけるようにしています。

クーラーなどで乾燥するんですよ。

夏だからといって油断してはいけません。

冬のようなかさかさには困らないですが、毛穴が開きがちになるのが夏のこまったところ。

加えて紫外線の影響がかなり大きいのが問題です。

そのため、冬にも行っていた水分補給を夏はさらに徹底しています。

高保湿のものは肌の表面がべたべたするため、通常のタイプの化粧水をたっぷりしみこませます。

化粧水の後には、夏に避けがちな乳液やクリームをちゃんと使って、しみこませた水分が蒸発しないように肌の表面にバリアの膜を。

乳液やクリームを夏に使わない人が多いようですが、保湿のレベルや種類を選べば、肌に水分をとどめることができると思います。

紫外線にさらされた後には、このケアに加えてビタミンC配合の美容液等を塗りこんで、メラニンの形成を抑制して、シミがなるべくできないように対策をしています。

私流夏のスキンケア方法!

夏に気になるのは、紫外線が強いことです。

紫外線が原因、日焼けやシミなどができるので、肌にとって対敵です。

そこで私は、サングラスを愛用しています。

現在ではUVカット効果があり、様々なデザインのサングラスがいろいろなところで売られています。

オシャレなサングラスが多いので、ださくなくていいですよね。
服に合わせて、サングラスを選んだりできるのも嬉しいです。

私はブラウンの大きめのサングラスを外出時にかけています。

紫外線は地面に反射するし、目も紫外線を吸収すると聞いたことがあるので、サングラスで紫外線対策をしています。

あとは、日焼け止めクリームです。

これは年中必須ですが、化粧下地と混ぜて塗っています。

手足など、日焼け止めを塗るのがめんどくさいときは、日焼け止めスプレーを使うようにしています。

この時、「首も忘れないように!」が私流です。

首は意外と無防備で、知らないうちに日焼けしている場合があります。

綺麗なうなじでいたいので、首も忘れずに日焼け止めを塗ります。

夏は肌の露出が多くためムダ毛も気になるし、自己処理の頻度が増えます。

したがって私は、自己処理をした後、ムダ毛が目立たなくなる効果があるといわれているローションを塗っています。

以上、私流夏のスキンケア方法は、サングラス、日焼け止め、ムダ毛用ローションです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする